読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と模型

Gasoline's "Travel & Build" weblog

戦車には夕暮れがよく似合う。 1/72 メルカバMk.3 ジオラマ編

シナイ半島には夕暮れがよく似合う。そんなわけで、ハガキ大のベースに乗せて組みあがったメルカバMk.3を、自然光の夕日で撮影。

f:id:debabocho:20130120112905j:plain

撮影場所の都合で、影が多くなってます。

メルカバの戦場となるシナイ半島はおもに赤土、ゴラン高原などには白亜質の土壌もあるそうです。赤土も微粒子化(要は砂漠化)すれば、黄色や灰色にも見えるわけで、色相は複雑。そんな場所で活動するメルカバの何とも言えない車体色にも、納得がいきます。

f:id:debabocho:20130120112901j:plain

右サイド。ベースの土壌色と戦車色がなじんでくれてよかった。

実は作ってしばらく放置してから、ホコリを払わずに塗装してしまいました。おかげでアンテナにホコリがそのまま定着……。

f:id:debabocho:20130120112903j:plain

バック。ベースには傾斜をつけてます。履帯周辺の盛り土は、走行でめくれ上がった状態の演出を兼ねて、履帯底面のセンターガイドが抜けてるのを隠すため。コルク粘土特有の質感で、ガレの多い土がめくれた感じが出たかな、と……。

f:id:debabocho:20130120112904j:plain

背面もういっちょ。自然光は七難隠す。バックライトを塗ってないのも、デカールの色味がズレてるのも。ただパーツのゆがみは隠せません。

f:id:debabocho:20130120112902j:plain

正面。日が暮れてきてほとんど影に。砲塔は上向きで固定してますが、ほんとうはベースの傾斜に対して水平になる予定でした。

f:id:debabocho:20130120112906j:plain

こんなヘボモデルでも、綺麗に撮れて満足まんぞく。