旅と模型

Gasoline's "Travel & Build" weblog

高尾山、霧と紅葉の散策

11月の最初の連休の最終日。本格的な紅葉にはちょっと早いものの、高尾山を歩いてきた。

f:id:debabocho:20131104221556j:plain

東京の山登りって、どんな感じなのだろうと思っていたけど、高尾山は新宿からおどろくほど近い。9時前に到着すると、雲に雨がパラつく空。観光客だらけだと聞いていたけれど、この天気と時間が早かったせいか、使った稲荷山コースではほとんど人と会わなかった。

f:id:debabocho:20131104221745j:plain

山頂の展望台から見える山々は、霧の中。このあとみるみる雲海が膨らみ、視界を白く埋めて山頂もガスに入った。

f:id:debabocho:20131104223116j:plain

約600mの標高。ちょうど1時間半の行程だった。なんだかんだで山登り、この程度でも息は切れるし膝もしんどい。尾根をたどるような稲荷山コースは、最後の急な階段が山場だ。

f:id:debabocho:20131104224806j:plain

山道はまだまだ緑だったけれど、山頂のあたりは紅葉が進んでいる。もう少ししたら、広葉樹のかかる山道全体が色づくんだろう。

f:id:debabocho:20131104225933j:plain

帰り道は表参道を降る。薬王院の権現堂では、なんの縁起か参拝客に豆を撒いてふるまっていた。

f:id:debabocho:20131104231244j:plain

薬王院というぐらいで薬師如来のお寺なのに、このお堂は神社。天狗も配されてる。神仏習合も甚だしい。おおらかなことだ。

f:id:debabocho:20131104231443j:plain

山道をアカハライモリがヨタヨタと歩いていて、危うく踏むところだった。

f:id:debabocho:20131104231704j:plain

しめった黒の肌に、鮮やかな赤の模様。

f:id:debabocho:20131104231928j:plain

一輪だけ咲いていたバラの花。麓に降りて、一時過ぎ。ちょうど半日の遊びだった。

f:id:debabocho:20131104232645j:plain

帰る前に、茶屋で軽く飲んで、定番のとろろ蕎麦をいただいておしまい。

京王電鉄高尾山口の敷地内に温泉を掘っているそうだ。山歩きを楽しみ、蕎麦と酒を味わい、温泉で疲れを癒して帰る。まるでベルトコンベアーのようなレジャーコースを作ってるな。