読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と模型

Gasoline's "Travel & Build" weblog

ジオラマ製作: 1/80 スタートレックTNG ライカー中佐&データ少佐 with シャトル

スタートレック:ザ・ネクストジェネレーション(新スタートレック)のライカー副長とデータ少佐を、タイプ15 シャトルポッド “エルバズ” と組み合わせてヴィネットにしました。

f:id:debabocho:20121118200404j:plain

手元の模型づくりが停滞してるので、1年以上前につくったモノでとりあえず更新します。

このシャトル “エルバズ” は、アオシマの完成品モデル 1/2000 U.S.S. エンタープライズD におまけとしてついていたもの。

f:id:debabocho:20121118190620j:plain

サイズをはかると4.5cm。設定では、タイプ15は全長3.6m。ぴったり 1/80スケールです。とすると、鉄道模型のHOスケール(1/87)モデルとちょうど組み合わせられる。

そんなわけで、Priser社の鉄道模型用人形を切り貼りして、新スタートレックの登場キャラ2名にしたてあげました。

f:id:debabocho:20121118190617j:plain

ライカー中佐はスーツ姿の男の人形を改造。胸に盛大にパテを塗ってネクタイなどの造形をつぶすと同時に、ライカーらしい胸板というか、かっぷくの良さを出しました。

データ少佐は、もとは測量技師でした。しゃがんでノートパッドに記録をつけているポーズでしたが、ノートを削り落としてます。代わりに手にはプラ片の取りコーダーを持たせたんですが、ちょっと接着がズレてしまいました。まあ見てもほとんどわからんサイズですが。

f:id:debabocho:20121118190618j:plain

塗装はシタデルカラーでベタ塗り。思うとおりの発色になってくれました。ライカーのヒゲも、胸の記章も、ミスりながらもそれなりに見えてくれます。

元の模型では測量技師のほうが太目でした。ライカー中佐はパテで盛ってもまだスマートに見えます。第3シーズンに入りたての頃みたいな感じ?

f:id:debabocho:20121118190619j:plain

シャトルはまったくの無改造。いま見れば、スミ入れぐらいしてあげればよかったと思います。地面はタミヤの地面塗料にターフを撒いて、ミニネイチャーの草をすこし生やした程度。実は少佐のあたりで多少、傾斜をつけてます。

少佐の足元にはスワロフスキーっぽい手芸ビーズを砕いたものを配置して、なにか観測しているように見立ててます。

f:id:debabocho:20121118190615j:plain

「どうだデータ、何かわかったか」「はい副長。これは……」と、大塚明夫大塚芳忠の吹き替えボイスが頭に浮かんで来れば、成功。

f:id:debabocho:20121118190621j:plain

大きさはこんなかんじでした。