旅と模型

Gasoline's "Travel & Build" weblog

UCC缶コーヒー『最強の陸自コレクション』 87式偵察警戒車 塗装・ジオラマ

先日引っ越しをして、徐々に模型を作れる環境も戻ってきたところ、コンビニコにUCC缶コーヒーのおまけ、『最強の陸自コレクション』があったので、『艦艇コレクション』のときに続いてお手軽工作してみました。

f:id:debabocho:20130716224352j:plain

 何種類かありますが、どれもサイズは4.5cmほど。今回遊んだのは87式偵察警戒車で、スケール的には1/120程度でしょうか。今回やったのはスミ入れとウェザリング程度。でも、見違えるようになりました。

f:id:debabocho:20130716232638j:plain

未塗装の10式戦車と比較。地のプラスチック色である緑の部分と、塗装部分である茶色の部分がよくなじんでくれました。ちなみに10式は1/144ぐらいかな? 並べると87式がひとまわり大きく見える。

f:id:debabocho:20130716234744j:plain

軟質の素材も使われてるみたいだったんで、深く考えずとりあえずマルチプライマーを塗って、別の模型で使ったAKインタラクティブのNATO軍セットの黒っぽいウォッシュと泥色っぽいフィルターをかけたり、落としたり、ドライブラシしたり。そんだけ。エアブラシは使いません(まだ使える環境がない)。あとからつや消しトップコート気休め程度にスプレーしました。

f:id:debabocho:20130717002116j:plain

そんだけじゃ寂しいんで、100円ショップで買ったコースターの裏側にジオラマというかヴィネットを。Nゲージ用の小物を使って、現代っぽい情景を。トミーのジオコレ電柱、塀に、カトーの柵とフィギュア……だと思う。

f:id:debabocho:20130717003502j:plain

歩道は1mmプラ板で嵩上げ。縁石は塗装で再現。もとから色のついていた小物も、車両とのバランスをとるためがしがし汚しをかけてます。こちらの塗装はAKでなく、シタデルカラー水溶きでぬったり、アルコールで落としたり。

f:id:debabocho:20130717004819j:plain

人形にも、赤さびっぽい色でスミ入れして、ホコリっぽい色の塗料でフィルターかけてます。強い光の下だとそうでもないけど、室内で見るとびっくりするほど泥まみれに見えます。

しかしカトーというかプライザーのフィギュアって、このサイズでもスミ入れするとちゃんと人間っぽい顔の造作が出てくるんだなー。もう少しまじめに筆を使えば、もっと人間らしくなるのでは。髪がカツラっぽいのはしかたないけど。

f:id:debabocho:20130717005638j:plain

分離帯のない一般道をふさぐように進む偵察車と、その脇を逆方向に、大きな荷物をかかえて歩き続ける避難民。そんな情景。

ジオラマ部分は数時間ほどの気軽な工作。楽しかったです。